じっくり時間を掛けて”家づくり”をするなら「竹内裕矢設計店」

「建てると決めたら早く新しい家に住みたい」という気持ちは良く解ります。
しかし、これから永く暮らす家です。今の生活スタイル、何十年後、趣味や家族の事、こどもの事など沢山考慮すべき点があります。
せっかく建てるのだから、その家族の為だけに考えられた”世界でたった一つの家”にしましょう。

全てに目が行届いた心地良い家にするには、じっくりと時間を掛けた打ち合わせが必要となります。
「そんな細かいところまで自由に決められるの?」と驚かれるかもしれません。
新しい家での生活を想像しながら、打ち合わせの時間も楽しんで頂きたいと思います。

工事も信頼を置ける職人さんが丁寧に造り込んでいくので、工事期間約6ヶ月掛かります。(規模にも依ります)
(設計期間約6ヶ月+工事期間約6ヶ月)と約1年ほど掛かります。急ぎの仕事にも対応いたしますが、
ゆとりのあるスケジュールで計画を進める事が良い住宅の完成につながります。


Step-1 「家を建てたいなぁ」っと思い立ったら

「家づくりってどうすれば良いの?」「オススメの進め方ある?」となんでもお気軽にお問合せ下さい。
竹内裕矢設計店は「家づくり」について考えて頂ける場でありたいと思っております。
新築だけでなくリフォームなど住宅に関する事でしたら何でも結構です。


Step-2 会って話しをしてみよう

設計事務所というと敷居が高いイメージがあるかもしれませんが、実はそんな事無いのです。
是非、気軽にお越し頂きお話を聴かせて頂けたらと思います。
私の考える「より良い家づくり」を聴いて頂いたり、疑問や不安に思っている事をぶつけて頂き、
今後の家づくりの参考にして頂けたら幸いです。

具体的な設計に取り掛かるまでの相談は無料です。お気軽にどうぞ


Step-3 「竹内裕矢設計店と家づくりをしよう」と決まったら

話し合いを重ねご検討いただき、私の考え方を気に入って頂けましたら、「設計監理業務委託契約」を結ばせて頂きます。
いよいよ”家づくり”のスタートとなります。


Step-4 構想を練る「基本設計」

まずは敷地調査と関係法令調査を行います。
調査後、具体的なご要望、予算を伺い企画案(プラン、模型、スケッチ、パース等)を提出致します。
図面だけですと難しく理解しにくいと思いますので、模型など出来る限りわかりやすくご説明できるように努力いたします。
ここでの打ち合わせは最も大切です。


Step-5 詳細を詰める「実施設計」

基本設計で決まったプランを元に、さらに具体的な内容の打ち合わせを重ね、仕上げや構造、施工方法など
工事見積もりに必要な細かな図面を揃えていきます。
ここで家具や設備機器などを、カタログやショールームなどで一緒に見て、ひとつひとつ決定します。



Step-6 見積もり提出・工事業者決定

工事業者に実施設計にもとづいた見積もり依頼をします。
見積もり内容を確認、必要に応じての設計見直し、見積もり調整を行い、適正な業者を決定します。
決定後、工事業者との「工事契約」を結んで頂きます。私も立ち会います。



Step-7 各種申請業務

建築確認申請等、各種許可申請を行います。



Step-8 工事スタート!

建築確認済書が届いたら、工事着工となります。
工事期間中は、設計図通り進んでいるか定期的に現場に行き、検査・打ち合わせを行います。
ここでは材料を見て頂いたり、仕上げの見本を見て頂いたりと、最終確認をしながら進めてまいります。



Step-9 お引渡し

工事完了後、最終チェックを一緒に立ち会って頂き、必要に応じて手直し後、引渡しとなります。



Step-10 定期点検

引き渡し1年後、点検を行います。
自然素材は生きています。特に木材は自分の落ち着く場を探しています。
1年くらい経つと、だいぶ落ち着きますので、それに合わせて建具などの調整を行います。
他に気になる部分などもリストアップして頂き、対応致します。
その後も不具合があればお手伝いさせて頂きます。
お気軽にご連絡ください。


※ご参考までに
「家づくりのパートナー」を見つけるまでの流れ

1.まずは家族に「家を建てようと思う」と発表してみましょう。
  ここで皆が喜んでくれれば、その後も協力的です。家族で楽しく進められるのがベストです。

2.資金の確認をしましょう。
  予算を立てます。おもな経費は、土地代、建設費、設計料です。
  設計料の水準は建設費の10%くらいが一般的です。

3.土地を探そう。
  土地は動かすことも改造する事もできないので慎重に探しましょう。
  日当たり、利便性、子どもの事、予算配分などなど暮らしぶりをイメージしましょう。
  理想の条件が全て揃わなくても、設計士の工夫で解決できる事もあります。

4.土地の事を調べてみよう。
  良いなぁという土地を見つけたら、まず登記を確認しましょう。権利関係の確認は重要です。
  建築条件付きの土地も多いですが、交渉次第で外してもらえる事もあるようです。


「こんな家がいいなぁ」とイメージを膨らまそう

5.家族で希望を語り合おう。
  雑誌や広告、ホームページなどを眺めて家族で希望を語り合いましょう。
  オープンハウスやモデルハウスを見学するのもイメージし易くて良いと思います。

6.選択枠を知ろう。
  いろんな家のカタチや考え方があって悩んでしまうかもしれません。
  しかしここで良く考える事が必要になってきます。「あそこで見たあれが良かった。」だけで、そこを選ぶ事はないのです。
  「家づくり」の進め方は大きく分けて3つあります。「設計事務所に頼む」「ハウスメーカーに頼む」「地元工務店に頼む」
  それぞれ進め方が異なるので、あまり固定観念に縛られずに広い気持ちで考えましょう。

7.考え方を聴いてみよう。
  気になったところに問い合わせて、考えや方針を聴いてみる事も大切です。
  家づくりのパートナーとして、自分のスタイルと合う選択をしましょう。
  おすすめはもちろん「設計事務所に頼む」です。
  なぜなら設計事務所には「売る」という概念がありません。その為、クライアントにとってより良い提案をします。
  どんな事でも親身になって話を聴いてくれる、もしくは話し易い事務所が良いと思います。
  いろんな事務所を訪れて、相性の良い設計士さんを見つけましょう。
  その中の候補に「竹内裕矢設計店」も入れて頂けたら幸いです。


TOP